メンタルヘルス対策セミナーは重要な役割を担っています。

法律が改正されて、従業員数50人以上の事業所ではストレスチェックを行なうことが義務化されました。これにより事業所では、ストレスが高かった従業員に医師による面接を受けさせたり、その医師から意見を聞いたり、それに基づいて改善をしたりしなくてはいけません。また、全従業員の結果を分析して、それを職場の改善に役立てていかなくてはなりません。事業主にとってもメンタルヘルスに対する知識を持っていることが必然になりますが、それで今注目されいますのがメンタルヘルス対策セミナーです。メンタルヘルス対策セミナーは、その会社の経営者、医師に協力して社内で健診に携わる担当者などが、知っておくべき知識を勉強する大切な場ですし、ストレスチェックというのは、健診機関、健康保険組合、会社の診療所などの外部機関に委託されることも考えられますが、看護師などがセミナーで講習を受け、高ストレスの従業員へのケアが十分できるように対策を取っておくことが必要となります。よってストレスチェック制度において、メンタルヘルス対策セミナーは重要な役割を担っていると言えます。ストレスチェックで重要なのは、これによって従業員に不利なことが起きないようにすることです。結果が本人に通知された後、本人からの申し出によって医師の面接指導を受けられるのですが、面接の申込をしたこと、逆に申込をしなかったことが、その後の人事面に影響を与えたりしてはなりません。また、結果が社内のパソコンに保存されるようなことも考えられますが、その際も、担当者はパスワードの管理などに最大の注意をし、従業員のプライバシーがおかされないように気をつけなくてはなりません。