メンタルヘルスの義務化はいつから始まったのか

メンタルヘルスの義務化については、いつからあったのか?というと、公務員などや大企業では、昔からあったものですが、昨今の「過労自殺」「パワハラによる自殺」「職場のいじめによる自殺問題」これらを受けて、メンタルヘルスを会社がしっかりと実施をすることが、義務化されるようになりました。

少し前までは、このような自殺、過労自殺やいじめによる自殺は、現在ほど酷くはなく、成果主義になった日本の社会が、よりメンタルを病んでしまう人を増加させている、このように言われています。

このように、心のヘルスをチェックをすることは、とても必要であり、労働を行っている会社員にしっかりとメンタルヘルスを行うことが、義務化されています。

また同時に、産業医による面接などや、病気になってしまった人の主治医の先生との面接などが、しっかりと義務とされており、これらの義務を果たさなければ、企業としては、バッシングの対象や、企業としての管理の役割、社員を守る、管理する、健康面でもサポートする、このような責任を果たしていないとして、厳重注意の対象となります。

また、万が一にこれらのことを行わず、社員が自殺した場合、企業はその責任を果たさなかったとして、賠償金が遺族に払われるケースも、日常茶飯事に起こっており、またニュースや新聞、ネットでもこの話題はいつも起こっていることです。

それほど、現在の日本は、成果主義が多く、辛く苦しんでいるサラリーマンの方たちが多いということでもあります。