メンタルヘルス対策と助成金について

近年、自殺者などが多く増加しており、これは少し前とは大きく変わっており、中間管理職の自殺や部下などの自殺など、パワハラ、ブラック企業と呼ばれている会社では、このような自殺が多発しており、大きな社会問題となっています。

このような自殺、うつ病を防止するために、メンタルヘルス対策の制度が出来ており、事業主は労働者がしっかりと、安全で精神的にも安全な場所で、会社で仕事を出来るように、管理を行うことが求められており、それは責任となっています。

大企業では、産業医などがおり、このようなメンタルヘルス対策については、昔からあったものですが、最近では中小企業でもこのような対策をしっかりと行うように、助成金などが出るようになっています。

勤労者は、本来、しっかりとした場所、安堵して仕事が出来る場所、精神的に追い詰められない場所での会社、そのような場所で働き、賃金をもらうことが出来るように権利として持っており、大きな企業では組合などの制度がありますが、中小企業では、このような組合がないため、上記のようになってしまっています。

ただ、大手企業でも上記のように自殺が相次いでいることから、組合に加入していても、制度が成り立っていない、組合が腐敗してしまっており、自殺者が出てしまっている会社もあることから、こちらも社会問題となっています。

多くの若者が、過酷なパワハラ現場やブラック企業で、人生を壊してしまい自殺してしまう事態は、異常事態です。