メンタルヘルスと衛生委員会について

メンタルヘルスを病んでしまう社会人、サラリーマンの人たちがとても増えています。

ブラック企業と呼ばれる会社で、勤めている方たちは、とても過酷な現場でメンタルや健康を害してしまい、その結果として、うつ病または神経症などの症状から、自殺などを考えてしまったり、時には起き上がれなくなってしまったり、最悪のケースとして、自殺されてしまうことがあります。

このようなメンタルの問題について、事業者は職場では、働く人たちが、安心して気持ちよく働けるように職場を快適、人間関係を良くする、安心して働ける労働環境を作る、などの必要があり、管理面などをしっかりと行うことが問われており、責任となっています。

事業主は、このように、会社員の人たちや働く人たちの心の保護、または体の保護などをしっかりと行い、精神衛生的にも、快適な場を提供しなければならない、とされておりメンタルヘルスや、衛生委員会による面接などが、時には必要となっているのです。

このような心のケア、または体調の管理をしっかりと行わない場合には、責任を問われ、場合によっては、サラリーマンの方や、自殺されてしまった場合には、遺族の方への賠償金が求められるなど、このようなことは、社会問題にもなっており、ブラックな企業は、新聞やインターネット、雑誌などでもバッシングされることなどもあり、しかしその一方で、このような自殺などが起きないと、なかなか、表面化してこない問題でもあります。