メンタルヘルスの実施者について

昨今、企業に対しても「ブラック企業」などという名称がつけられているくらいに、過酷な労働環境で働かざるをえない人々が増えており、それと同時に、自殺者が増加している背景があります。

研修の酷さなどについていけず、またパワハラなどでストレスが爆発してしまい、ストレスを受け付け過ぎてしまい体を壊してしまい、心の衛生面、精神面、これらが壊れてしまった結果、自殺などを起こしてしまい、遺族が賠償を求め、裁判で勝つ、このような背景もとても多くあります。

このようなことを減らすために、メンタルヘルスの実施者が、会社には産業医の先生という形で置かれており、休職などをして、心や体を休めていた社員さんが、メンタルヘルスのチェックを産業医が行い、もう現場に復帰してもいいのか、安全であるのかどうか、このようなことをチェックします。
管理者%は、このように写真、部下の健康、実務がしっかりと健康的にできるかどうかを、しっかりと管理する能力も求められており、保健衛生的に、精神衛生的に、必ず、その社員さんが心も体もしっかりと健康でいながら、仕事が出来るように、これらを管理する義務というものがあります。

そのため、上記のように、産業医の先生や、病気になってしまった社員さんの主治医の先生と、管理者が連携などを取りながら、主に医師の先生同士で、精神的に安全であるかどうか、もう会社に出てもよいのか、このようなメンタルヘルスのチェックを行っています。