メンタルヘルス産業医の役割が重要視されます

労働安全衛生法の範疇の中で、事業者は社員のメンタル面の健康を管理することが義務付けられています。仕事をすることであらゆるストレスを抱えている従業員が多く、うつ状態になっている人も多いのです。メンタルチェックという簡単な4者択一のチェックシートを利用するのみですので、チェックをする煩わしさはありません。大企業ですと常時産業医がいますが、今後はメンタルヘルス産業医の役割が求められます。組織の中でそれぞれの職場で社員は従業しているのですが、上司や仲間とのコミュニケーションが良好であることや、過労になってしまうほどの業務をしているのは、間違いなく精神的な負担を伴うのです。上司がメンタル面での助言をしてくれるようであればよいのですが、部下の作業内容は理解していても、どんな思いで仕事をしているかわからないものです。メンタルチェックをする意義は、自分がどの程度のストレスを抱えているか、何が問題でストレスを抱えているのかということを明確にするという位置づけです。メンタルヘルス産業医の役割は、精神的に病んでいる人をチェックすることと的確な助言をすることが必要なのです。自己管理でメンタルの病みを解決できない場合には、心療内科や精神科を紹介する役割も重要です。企業は社員の健康を管理しなければ、経済的な損失を被る恐れもあるのです。うつ状態になっている社員は効率的な業務ができないと思いますし、長期に渡り休職をしてしまうような状況になれば上司も同僚に悪影響を及ぼすことにもなりかねません。